新しい土地でスムーズな生活を始める秘訣

親子クラブに入会し役員していろんな地域を知ることができたので、生活拠点を決めかねているならクラブを知ることです

新しい土地でスムーズな生活を始める秘訣

生活拠点の地域探しをするなら住んでる地域のクラブを知ろう

私は今親子クラブの会長をしていて、住んでいる地域の連合町内会長さんだったり、社会福祉協議会会長さんだったり、地区担当の保健師さんだったり、ほかの地域の親子クラブの会長さんだったりと生活の中にかかわりが増えている状況にあるとある30代の主婦です。
昨年の夏入会で、あまりよく親子クラブというものが地域でどんなことをしているのかとかよくわからないまま、母子ともに友達作りができればいいな程度で役員を声かけられ承諾し、なぜか会長になってしまい今日に至っています。
最初はちょっと荷が重すぎるわと思っていましたが、子育てしている親にとって地域の皆さんがいかに子育てを応援してくださっているのか理解してきましたし、生活している地域によってかなり違うものなんだなという情報も得られ、家を建てるにあたって会長をしててよかったな、役員になってよかったなと思い始めているのでその経緯等を紹介したいと思います。

まずは親子クラブってどこの地域もだと思いますが、たいてい募集のポスターには入会金がいくらですと記されていると思います。
私の地域は1200円(子供一人)ちょっと高いなと思って2歳までは入ってなかったのですが、これは高くはなく、十分自分たちにかえってくる上、さらにありがたい特典もあることを知りました。
入会金は大概は誕生日プレゼントや行事によってはおやつが配られたり、制作物の費用だったりと子供たちに関するもので全額使うようになっています。
きっとほかの地域でも収益を上げてはいけないはずなのでそのようにされているかと思います。
そしてそれとは別に、連合町内会・社会福祉協議会・親子クラブネットワーク等から助成金があり、催し物などの時に有料講師をよんだり、遠足に出かけたりなどができるようになっています。
なので金銭面で高いから入会しないわと思っている人いたらぜひ、誤解なので参加してほしいなと思います。

そしてただ生活しているだけではなかなか得られない地域での子育て支援をしてくれている保育園情報やイベント情報を親子クラブに入ると得ることができます。
そして地域担当の保健師さんと顔見知りにもなれるので、心配なことや悩み事など相談しやすくなりますし、子供の普段の状態を知ってくれているうえでのアドバイスだからより的確になるかと思います。
また、地区ごとの親子クラブによって内容や参加者、会員の雰囲気等の情報も得られるので、これから家を建てようと思っている人にとっては地域を知るすごくいい手段になるかと思います。
なのでぜひ、生活をどこに拠点を置こうか悩み中の方はぜひ、今住んでいる地域の親子クラブを知ることから始めることを私はお勧めします。


Copyright(c) 2016 新しい土地でスムーズな生活を始める秘訣 All Rights Reserved.